歯初診(ししょしん)とは?気になる平成30年診療報酬改定

2018年05月28日 (月)

コラムテーマ:
保険制度 診療報酬

皆さん、こんにちは。
船井総研の岡崎です。
 
 
診療報酬改定のたびに、新しい言葉が生まれて消え、生まれては消え、
この数年の変化についていくのがやっと・・・という先生方もいるのではないでしょうか。
 
 
今回はご質問の多いワードの1つである「歯初診(ししょしん)」についてです。
 
 
◎歯初診(ししょしん)とは
 
歯科医院における院内感染防止を推進するために平成30年診療報酬改定から設立させた施設基準の1つです。
 
 
 

 
 
★申請書類です↓↓
歯初診1
 
歯初診2
 
 
この施設基準を受けることで、初診料・再診料が増点になります。
※旧外来環を施設基準を受けていない歯科医院の場合
 

旧外来環の認定を受けている歯科医院の場合には話が変わってきます。
 
 
旧外来環認定の歯科医院に関しては、
今回の歯初診と新外来環の申請が必要となります。
 
 
 
★新外来環の申請書類↓↓
 
外来環
 
 
 
今回の改定においては、この歯初診・外来環が複雑になっております。
混乱している先生方も多いかと思いますが、
シンプルに言えるのは「上記の2点は頑張ってでも認定を受けていただきたい!」
ということです。
 
以前のブログでもお伝えしましたが、
平成30年改定では厚労省は「歯初診+外来環」を持った歯科医院をスタンダートにした、
診療報酬に組み替えています。
 
これは「外来環をとったら増点」⇒「外来環(+歯初診)をとっていないと減点」ということからもわかるかと思います。
 
 
この他にも「か強診」や「歯援診」などへの変化にも対応する必要があります。
少し手間がかかるものが多いと思いますが、
とにかく早く申請を済ませたもの勝ちです。
 
また、「歯初診」と「外来環」の有効期限は、
平成30年9月30日迄となりますので、皆さん、お早めのご準備を。
 
船井総研では、診療報酬改定など時流テーマや様々な成功事例をメルマガにて配信中です!
 
まだ登録が済んでいないという方は、数秒で完了しますので、下記お申し込みフォームよりご登録ください!
 
 
 
 
btn03
 
 
 
 
 
それではまた!
 
岡崎

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

岡崎 晃平

プロフィール詳細

山形県出身。船井総研に入社以来、メディカルチームに配属され歯科医院を中心に、皮膚科・耳鼻咽喉科などのプロジェクトに携わる。
現在は、新規開業から医院活性化まで、幅広い経験と知識で多くの院長先生方より支持を受けている。
日々、“どんな時代になっても持続可能な歯科医院を創る”というコンサルティングモットーのもと、全国各地の歯科医院を行脚する、メディカルチーム有望の若手である。

ページのトップへ戻る