新規開業・分院展開コンサルティングとは、ご開業時から貴院のポテンシャルを最大限に発揮させ、最短最大で大きく業績アップを実現させるサポートです。

タイプは【新規開業】と【分院展開】と2種類ありますが、新規出店という意味で同じように進めてまいります。

特に新規開業として、初めて自院を持つ先生は同じようなポイントで悩み、同じようなつまずきをしてしまうことが多いと言えます。課題や落とし穴があるのであれば予め回避し、着実に成果を残したいというご要望を年々増加しておりますので、船井総研としては「開業に向けた立地選定」「選定立地での開業準備」「開業直前」と各フェーズでサポートしており、ご開業後はもちろん業績アップ支援をしております。

絶対に失敗したくない開業や分院展開をお考えでしたり、借入金額を5年で返済したいという想いを実現するだけではなく、下記のようなお悩みがあれば、一度ご相談ください。

はじめに

分院展開にはどんなイメージをお持ちでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは都市部に何店舗も展開している医療法人のことでしょうか。
確かに全国でも名の知れた大手医療法人の経営者はその優れた経営手腕でどんどん多店舗展開をしているようですが、分院展開というのはそこまで大げさな話では決してございません。歯科を中心に経営している医療法人の年商規模を帝国データバンクで調べると、上位〇〇は約5億円超えでして、この医療法人のほとんどは複数店舗を経営するスタイルといえるでしょう。それは、歯科医院は診療ユニットの設置台数にある程度の実質的な上限があり、10台を超える診療ユニットを単一医院で設置できている例は少数派といえるからです。全国約7万件の歯科医院のうち〇〇法人が分院展開をしていることを鑑みると、そこまで稀な経営スタイルではないことがご理解いただけると思います。
少しでも分院展開を検討していらっしゃるようであれば、改めてその計画や想いを綿密に練ってみてはいかがでしょうか。

歯科医院における分院展開とは?

「分院展開なんて管理しきれないし、リスクが大きいから無理だ」としっかりと検討もしないでご自身の限界を決めつけてしまってはいないでしょうか。
分院展開というのは歯科医院経営でこそ大袈裟に捉えられることですが、別の業種業態ではごく当たり前なことであり、むしろ一般的な経営戦略です。しかし、歯科の経営者がたじろいでしまう理由は、保健医療機関としての開設ハードルである”管理者となる歯科医師をおかねばならない”ということなのではないでしょうか。このハードルは確かに低くはないかもしれませんが、既に長く勤める可能性のある勤務医や若い勤務医が在籍している場合は、計画としての分院展開はしっかりと計画すべきでしょう。
◆分院展開のメリット
 ・現医院に診療ユニットの増設ができずとも、法人の年商規模を拡大できる
 ・分院の立地選定次第で、現医院の診療圏をも拡大できる
 ・歯科医師や歯科衛生士の採用力が高まる
 ・急な退職などによる人員不足リスクを軽減できる
 ・産休育休の取得ハードルを下げることができ、福利厚生を強化できる
◆分院展開のデメリット
 ・分院出展に伴う投資が大きい
 ・分院の管理者(分院長)の退職リスクをマネジメントしなければならない

このように、メリットは多数ありますがデメリットは2つくらいなものです。投資金額が大きいことは事業として考えた際のリターンや副産物的な効果の大きさも含めると妥当なものでしょうし、管理者として任命する勤務医(分院長)の退職リスクは単一店舗で勤務させている中でも少なからずあるものであり上手くマネジメントしていくことで対処できると言えます。それよりも着目していただきたいのはメリットの多様さであり、法人の年商規模を倍増させる最短ルートであることだけではなく、雇用する従業員数の多さによるスケールメリットは計り知れません。合わせて、ドミナント出展と呼ばれる「比較的近い距離での分院展開」をすることにより法人内の全店舗で広い1つの診療圏を形成できるといったマーケティング効果があります。また、よりアクセスが良かったり、都心や繁華街に近い出展をすることで求人募集の訴求力も高まることで法人としての採用強化に直結するでしょう。

コンサルティングの内容

①現在の業績分析による分院出展戦略の立案(時期、出展エリア、規模など)
②分院出展候補地(テナント含む)の評価、収益性シミュレーションによる可否判断
③金融機関への融資交渉サポート(マーケティング戦略、人事戦略、収益性シミュレーション)
④分院出展までの採用戦略立案と実施サポート
⑤分院出展後の業績アップサポート(早期の単月黒字化~目標数値達成)

船井総研が分院展開成功のために提供する4つの価値

①歯科医院を専任しているコンサルタントだからこそ持つ深く広い知識と多くの実績で業績アップを主眼においたサポートを実施
②出展する分院だけではなく法人全体にとって最適な戦略を立案
③専門職採用・集患マーケティング・各種自費メニューに特化したマーケティング戦略を総合的に提案
④経営者同士の交流コミュニティー”FDI”で、クライアントの50を超える分院事例を共有
ページのトップへ戻る
×