新規開業・分院展開コンサルティングとは、ご開業時から貴院のポテンシャルを最大限に発揮させ、最短最大で大きく業績アップを実現させるサポートです。

タイプは【新規開業】と【分院展開】と2種類ありますが、新規出店という意味で同じように進めてまいります。

特に新規開業として、初めて自院を持つ先生は同じようなポイントで悩み、同じようなつまずきをしてしまうことが多いと言えます。課題や落とし穴があるのであれば予め回避し、着実に成果を残したいというご要望を年々増加しておりますので、船井総研としては「開業に向けた立地選定」「選定立地での開業準備」「開業直前」と各フェーズでサポートしており、ご開業後はもちろん業績アップ支援をしております。

絶対に失敗したくない開業や分院展開をお考えでしたり、借入金額を5年で返済したいという想いを実現するだけではなく、下記のようなお悩みがあれば、一度ご相談ください。

はじめに

新規開業とは、誰しもが通る道のように思えますが先生にとっては人生における最大の選択や決断の時ではないでしょうか。 しかも、同じ歯科医院経営といっても時代の違いによりマーケテイング手法も患者動向も変わるため、先輩経営者のアドバイスは時にあてにならないものなのです。 先生にとって、新規開業は人生で一度キリです。開業後は、物理的な変化としては移転もしくは分院展開、ないし売却や閉院しかありません。そんな大事な決断を限られた情報だけをもとにして行うのは機会損失をしてしまう可能性が高いでしょう。歯科医院の新規開業において「絶対に成功する方法」はありませんが「絶対にしてはいけないこと」「絶対に選んではいけないこと」は存在します。必ず適切な情報収集をして、失敗確率を下げてご自身の目標達成と幸せを掴んでいただきたいと思います。

こんなお悩みありませんか?


  • 開業までに何をどのようなスケジュールで進めればよいかわからない

  • 開業エリアをどのような根拠で選定すればよいのかわからない

  • 開業する医院の坪数に対して適切なチェア台数やスタッフ数がわからない

  • スタッフ募集の方法や適切な募集時期がわからない

  • 設計・施工会社の選び方

  • 内装や設計図面を見るとき、決めるときの注意点

  • 集患対策について

コンサルティングの内容

①経営者ヒアリング
②不動産、物件ご紹介サポート
③診療圏調査
④3か年損益計画
⑤資金調達サポート
⑥内装・設備機器選定サポート
⑦求人サポート
⑧WEB制作ポート
⑨内覧会実施サポート

コンサルティングの流れ




  1. STEP1

    • ①無料経営相談
      開業を検討されている方を対象にコンサルタントがお話をさせていただきます。どのようなご相談内容でも結構です。






  2. STEP2

    • ②開院前個別サポート
      ご希望された方には開業までのサポートをさせていただきます。(費用は実費のみとなります。例えば求人広告費、宣伝広告費、印刷費等。コンサルティング費は頂きません。)






  3. STEP3

    • ③開院






  4. STEP3

    • 開院後サポート(ご利用される場合は有料)
      ご希望された方には開業後のコンサルティングサポートをさせていただきます。(開院後コンサルティングは有料となります。)





イメージ


イメージ画像


イメージ画像


イメージ画像


イメージ画像


イメージ画像


イメージ画像

船井総研が新規開業成功のために提供する3つの価値

①最短最速での成功を目標に
②既に成功している多数の成功事例をベースにご支援
③開院後10年以上先を見越したアドバイス

コンサルティングの成功事例

イメージ画像


イメージ画像

よくあるご相談


Q,開業において最も大切なことはなんですか?


A,開業後に最大の課題となるのが患者様の人数です。技術力が高い、先進的な設備をそろえている、立地がよい、院内が快適といった様々な長所を活かすには医院に患者さんにお越しいただく必要があります。立地選定は患者様がいかに来ていただきやすいかという観点で選定し、それ以降の全ての準備もそのような観点で進めるべきと考えます。

開業後、一定数の患者様が来院される、一定の割合で患者様が増加し続けるということが達成できれば開業は成功と考えてよいです。




Q,立地を選定する際のポイントはありますか?


A,賃料は高いがよい立地と賃料は高くないが2等立地のいずれかを選択する場合、前者をお勧めします。理由はよい立地の方が成功しやすいかであることと立地は開業後変えることがなかなか難しいからです。また、できればユニット5台以上設置できる程度のスペースがある立地をお勧めします。理由は弊社の会員様医院は少なくともユニット5台以上の歯科医院へと成長されているケースが多いからです。予防型の歯科医院を目標にするのであればユニットの拡張性が必要と考えます。


ページのトップへ戻る
×