自費義歯を月間5~6床成約することを目標とし、施策を行います。成約数を増加させるためには
相談数を院内外から誘導することが必要です。
院外からダイレクトに自費義歯の相談数を増やすためには、webマーケティング実施します。
義歯専門のホームページを作成し、来院を増やしていきます。
また院内から義歯の相談者数を増やすためには、院内で義歯の認知を拡大するための販促物の完備やメンテナンスで来院している保険の義歯患者へアプローチしてカウンセリングをし、自費義歯を選択していただくような体制を構築します。
院内および院外からの誘導を徹底するためのコンサルティングを行います。

はじめに

"義歯は保険しか選ばれない”
このような状況の医院様も多いのではないでしょうか。

十数年前のインプラントバブルに始まり、近年ではマウスピース矯正といった分野が、自費売上を伸ばす大きな要因となっております。
しかし、インプラント・矯正を行っていない医院様も多くございます。
義歯に関しては、保険診療でも行える・高齢者がメインターゲットということもあり、自費診療を選ばれる方が少ないのが現状です。

そのような中でも、自費義歯を強化することで、インプラント・矯正にも並ぶ成果を出されている医院様もございます。

今後、超高齢化社会を迎える日本において、この「自費義歯」の市場はさらに拡大することが予想されます。
競合の医院が義歯強化に乗り出す前に、義歯診療をしっかり強化することで、地域においてのブランディング・売上の基盤を創出することが可能です。
どのように「自費義歯」を強化すれば良いのか、そのノウハウを解説致します。

こんなお悩みありませんか?


  • 保険の義歯しか選ばれない

  • どういった自費の義歯を用意すれば良いのかわからない

  • 義歯で困っている、自費義歯を選びたい患者様を集めたい

  • 自費売上を伸ばしたいが、矯正・インプラントは行っていない

  • 自費の義歯をどのように患者様に勧めるのかがわからない

コンサルティングの内容

①自費義歯メニューの構築
②義歯カウンセリング体制の構築
③専門サイト作成・広告運用による集患対策
④各種ツール(ポスター・メニュー表・パンフレット)作成"

コンサルティングの流れ




  1. STEP1

    • 商圏・競合医院の分析
      自院を取り巻く状況を分析し、自費義歯の導入・強化において必要な実施事項、スケジュールを決定します。






  2. STEP2

    • 自院独自の自費メニューの構築
      分析に基づいた情報から、自院で取り扱う義歯の種類・価格帯・付随サービスを検討・決定します。






  3. STEP3

    • 各種ツール類の作成・活用
      患者様に自費義歯を告知・訴求・説明する各種ツールを作成します。






  4. STEP4

    • 診療フロー・カウンセリングを体制を構築
      来院から成約までのフロー・カウンセリングのタイミングや担当を決定し、自費義歯の成約率の向上の図ります。






  5. STEP5

    • WEBマーケティングによるダイレクト集患
      義歯専門サイトを作成し、WEB広告を運用することで、外部からの問い合わせ・相談数を増加させます。




船井総研が自費義歯で成功のために提供する4つの価値

①歯科医院を専任しているコンサルタントだからこそ持つ深く広い知識と多くの実績で業績アップを主眼においたサポートを実施
②出展する分院だけではなく法人全体にとって最適な戦略を立案
③専門職採用・集患マーケティング・各種自費メニューに特化したマーケティング戦略を総合的に提案
④経営者同士の交流コミュニティー”FDI”で、クライアントの50を超える分院事例を共有
ページのトップへ戻る
×