歯科医院業績アップのコンサルティングとは

2019年02月16日 (土)

コラムテーマ:
船井流の考え方

 
皆さん、こんにちは。
船井総合研究所歯科コンサルティンググループの眞野 泰一です。
 
船井総研のコンサルタントは業種特化した現場ノウハウをコンサルティングに活かしていくという特徴をもっており、歯科医院さま専任するメンバーが20名を超えて在籍しているのは国内一だと思います。
 
毎月数十件の大小様々なご相談を頂いておりますが、業績アップの目標を明確にお話頂くこともある中、そもそもコンサルティングとはどんなサポートをしてくれるのか。というご質問を頂くことも多々ございます。
 
そこで今回は、船井総研の歯科コンサルタントにてサポートできる内容をご紹介させて頂きたいと思います。
 
まず項目としてあげると、
「マーケティング」「マネジメント」とカテゴライズできるかと思います。
 
ではそれぞれの項目を少し分類してみますと、以下のようになります。
 
<マーケティング>
1.新患の集患
2.自費診療患者の集患
3.予防強化での患者固定化
4.自費補綴の成約向上
5.自費欠損補綴の成約向上
6.訪問診療の事業参入、拡大
7.保険診療の効率化
 
<マネジメント>
1.歯科医師の採用強化
2.歯科衛生士、無資格者の採用強化
3.従業員の定着、活性化
4.時短診療改革
5.分院展開、新規開業
6.事業継承、M&A
7.評価制度設計、幹部育成
 
 
10年前、20年前であれば上記のようなことをサポートすることも少なかったと思います。
それは、困っていらっしゃるという“ニーズ”が少なかったり、無かったりという状況であったからだと思います。しかし現在は、歯科業界もかなり成熟した業界となってしまっているがゆえ、お求めになる経営者の先生が増えているのだと感じています。
 
ですが、その反面、困っているというよりは一層強化していきたいとお考えになり、ご相談を頂くことやサポートさせて頂くことにいたることがあります。
 
本サイトには、最新トピックからのマーケティング戦略や実行方法に関する、業界注目のレポートも各種取り揃えておりますので、是非ご覧ください。
 
<レポート一覧>
/booklet/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

ページのトップへ戻る