不景気マネージメント

2021年01月21日 (木)

コラムテーマ:
優れた院長の思考 コロナ対策

皆様、こんにちは。株式会社船井総合研究所医療支援部の谷口竜都(タニグチリュウト)と申します。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は「不景気マネージメント」について執筆させていただきます。

前回のメルマガでも書かせていただきましたが、現在も感染者数が増え続けている「COVID-19」の影響で、これから不景気がやってきます。
数年、もしかすると十数年と不景気が訪れる可能性があります。

不景気になると、マーケティングだけではなく、マネージメントの手法も変わります。
本日は、その来る不景気時に取るべきマネージメント手法について執筆いたします。

不景気マネージメントですが、下記の3つです。

①普段からすべきことをきっちりとする

不景気となると、キャッシュを気にしすぎたり、不景気なので採用控えしたりしてしまいがちですが、それでは次の好景気に勝てる組織になりません。
不景気の後は好景気が来ます。その次の好景期に備え、どのような努力をし、どのような備えをしておくかで、好景気の波に乗り遅れずに済みます。
不況期時も、人材採用を行い育成し、設備機器にも投資をすることが重要です。
(そうはいっても、キャッシュは理解した上で投資する必要があります。)

②MVV経営(MVV=ミッション・ビジョン・バリュー)

不景気になると、スタッフの「不安」が募ります。たとえば、「自分の医院・法人は本当に大丈夫なのだろうか?」「このまま勤めて大丈夫だろうか?」といった不安です。
改めて、ミッション・ビジョン・バリューを明確化し、中長期的な浸透の取り組みによって、組織の一体化を図る必要があります。

③組織力(人財育成)

不景気マーケティングは新規よりも既存への満足度アップを行う必要があります。
歯科医院において既存と言えば、「治療中の患者様」と「メンテナンスの患者様」が大きな割合を占めます。つまり、スタッフさんが患者様に対しての満足度が上がる対応を行っていく必要があるということになりますので、(採用→)育成→人財化の流れを再構築・再強化し、組織力を高めていく必要があります。

以上、不景気はマーケティングだけではなく、マネージメントの手法も変わりますので、
どちらもしっかりと準備をして、不景気に備えられればと思います。

お読みいただきありがとうございました。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

谷口 竜都

プロフィール詳細

中央大学 法学部法律学科卒業。船井総合研究所に新卒で入社。最優秀新人賞を受賞。
印刷業、エンジニアリング業、廃棄物処理業、電気設備業、建築業、管工事業、害虫駆除業、環境メーカーなどBtoBマーケットのコンサルティングに従事し、ノウハウを培い経験を積んだ。
その様々な業種に対して、主にWEBマーケティングのテーマでクライアントの業績を即時アップさせてきた。
現在は、歯科医院のコンサルティングを専門で行っている。

×

ページのトップへ戻る