こちらのページをご覧の皆様は、小児歯科をこれから強化していこうとされている方だと思います。
その為、小児歯科に注力する意義や、メリットなどは深く理解されているかと思いますが、一般的に小児歯科は不採算部門で且つ優先順位の低い領域だと捉えられがちです。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

小児歯科分野のイメージ

こちらのページをご覧の皆様は、小児歯科をこれから強化していこうとされている方だと思います。
その為、小児歯科に注力する意義や、メリットなどは深く理解されているかと思いますが、一般的に小児歯科は不採算部門で且つ優先順位の低い領域だと捉えられがちです。
その理由は、
「来院してもらっても、点数がそこまで取れない…」
「小児矯正以外の自費を提供することが出来ず、生産性が低そう…」
「フッ素と歯磨き指導がメインで、高頻度で継続来院を促すのが難しい…」
「治療やTBIを嫌がって、アポイントが長くなってしまう…」
「そもそも小児の人数が激減しているのに、可能性はないんじゃないか…」
といったことが、主に挙げられるのではないでしょうか。
ただ実際のところ、このマイナスのイメージは取り組み次第で大きく変わります。
まずは小児歯科市場の可能性について一緒に確認できればと思います。

小児歯科市場の現状

少し古いデータとなりますが、2000年から2018年迄の、0~14歳の人口推移をおった統計をグラフに起こしております。

画像

こちらをご覧いただくと、この約20年間で劇的に小児の人口は減っていることがお分かりになるかと思います。実際に周りでも、一人っ子が多かったり、独身の方が多かったり、小児が減っていく状況も身近に感じていらっしゃるのではないでしょうか。

一方、小児歯科市場自体は、同期間でどのように推移しているか、下記グラフをご覧ください。

画像

同期間の同年齢帯の人口は激減しているのに、歯科市場は120%以上の成長を遂げています。
なぜこのような状況が生まれているかということですが、一つ目は1世帯当たりのこどもの人数が減っていることで、一人の子供にかける教育投資や健康面への投資が増えてきているということ。
二つ目は矯正分野市場がマウスピース装置の拡大によって、年120%規模で拡大してきており、小児矯正分野にもその波が来ていること。
上記2点が大きな要因として考えられます。

小児歯科分野は、人口も減っているし、当然市場も小さくなってきていると思われがちなのですが、データをつぶさに見ていくと可能性を感じる市場だと、さらに深くご理解いただけたのではないでしょうか。

小児歯科の可能性

小児歯科市場の可能性については先ほど記載した通りですが、小児分野の不採算性については、取り組み次第で大きく変えることが出来ます。
「保険点数」に関しては、お子様の年齢に合わせた治療体形を整えておく(例えば5歳以下のお子様は一定の基準を満たさないと治療に移らないなど)ことで、大人よりも短い時間で
診療することが出来る為、一人当たりではなく1時間あたりで見てみると、大人以上に診療業績を挙げることができます。また、お子様の受診によって家族の受診にも繋がり、医院全体のレセプト枚数増加に繋がります。
「来院頻度や継続率」に関しては、口腔機能発達不全の検査を通して、虫歯予防だけでなく、不正咬合予防からのアプローチも行うことで、定期的に且つ高頻度で来院を促すことが出来るようになります。
「自費」に関しては、口腔機能発達不全の切り口から不正咬合を指摘していくことで、小児矯正(予防矯正)を提案する患者の母数が拡大する為、必然成約数が増え、小児分野の業績拡大に直結できます。
※予防矯正については下記に詳しくまとめております。
https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-dental/lp/yobo_kyosei/

上記のように小児歯科は、市場自体にも大きな可能性があり、且つ取り組み次第でも大きな可能性を秘めている、魅力的な分野なのです。

小児歯科強化のロードマップ

そんな魅力あふれる小児歯科を強化していく為の基本的なロードマップを、弊社専門コンサルタントがまとめておりますのでご覧ください。

画像

小児歯科を強化するには、基本的な順番がございます。
①か強診を取得し、適正な保険点数を算定できる基盤を整えます。また、小児歯科を強化するにあたり、子供の受診時に喜ばれるキッズスペースを、小さいながらも整えていきましょう。
②保険の診療体制が整えば、次は口腔機能発達不全症と不正咬合どちらにも対応できる小児矯正(予防矯正)を導入しましょう。それにより、他院との差別化と、自費率向上につなげることができ、小児分野での業績を向上させることが出来ます。
③保険も自費も体制が整えば、収益性も確保できている為、更なる小児分野の強化に投資していきましょう。具体的には小児専門サイトや、広告の運用、患者統計データの取得システムに投資することで、より多くの小児患者を集患していきます。
④多くの小児患者が集まるようになれば、様々なニーズに対応する為に、小児診療メニュー(主に小児矯正メニュー)をリニューアル。また診療メニューに応じた診療フローの再構成を行い、近隣他院とは一線を画した小児歯科診療を、地域の方々に提供できる体制を整えていきましょう。
⑤ここまでこれば既に地域の方から「小児歯科・小児矯正なら○○歯科」といったように、ブランドを確立できているかと思います。このステージ感では、全従業員の小児歯科診療に対する使命感を醸成する教育を行ったり、学校や市の施設などに啓蒙冊子を配布したり、4歳以下のお子様の食育などの領域に着手していきます。
上記の流れをベースとして進めて、最終的に地域の中で圧倒的な小児歯科ブランドを確立していくことが重要です。

船井総研の強み

歯科業界において、船井総研はコンサルティングの顧問先数、及び研究会会員数日本一の実績がございます。現在、300院超の継続顧問先、経営研究会会員様の顧客ネットワークを有しており、小児分野のノウハウも、多くの医院様との情報交換や、モデル医院様の事例交換を通して多数ございます。
また、別業界の先行事例、広告運用やデジタル化の支援に特化しているコンサルタントのノウハウも小児分野に転用して成果を収めている等、様々な業界・テーマを扱うコンサルタントが多数在籍していることによる、多方面からのコンサルティングが提供できることも特徴としてございます。

無料経営相談のご案内

小児歯科分野を強化したい方は、是非弊社に一度ご相談ください。
1時間程度お時間をとらせていただき、専門のコンサルタントから貴院の現状のヒアリング、スムーズな小児分野強化のロードマップのお伝え、具体的な実践内容まで、無料でお伝えさせていただきます。

  • 小児分野を強化して、「安定的な医院経営」を叶えたい方
  • 小児分野を強化して、「更なる業績向上」を叶えたい方
  • 小児分野を強化して、「社会性の高い医院経営」を叶えたい方
    そんな想いをお持ちの方は、是非お気軽にご相談ください。
ページのトップへ戻る
×