スタッフさんの真面目な特性を活かせていますか?

こんにちは。
歯科医院経営コンサルティングチームの松谷直樹です。
メルマガの最後に近日中に開催予定の2つのセミナーのご案内がございます。
最後までお読みいただければ幸いです。
************************************************************************
「スタッフさんの真面目な特性を活かせていますか?」
************************************************************************
毎日歯科医院でスタッフさんと接していると、
どの医院のスタッフも真面目な人が多いと感じます。
多くのスタッフさんは院長の意向に沿って仕事をしようとしていることが多いです。
真面目なのです。
しかし一方で院長は自分の意向に沿ってくれていないと感じることも多いようです。
よくスタッフさんに言われることとして、
ウチの院長は何をしたいかわからないと言われることがあります。
院長はどのようにしてほしいかを語っているとしても上手く伝わっていないことがあります。
何をしてほしいのかという指示をきちんんと与えられていないということなのだと思います。
例えば、「患者さんの立場になって仕事をしてほしい」
というのはスタッフさんに伝わらない表現です。
例えば、「雑誌がばらばらの向きになっていれば患者さんが取り出しにくいので、その度に直しなさい」
というのは目的と手段が伝わる表現です。
例えば、「清潔感を感じてもらうために、スピットンの水滴を患者さんが変わるごとに拭きなさい」
というのも目的と手段が両方込められている言葉です。
手段や方法を伝えるだけでは、なんのためにそれをするの分からず、長続きしません。
目的を伝えることが大切です。
このように伝えていくと真面目な方が多いので、
きちんとやっていただけることが多いように思います。

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る
×