「歯科医院経営コンサルティングレポート 」2014/09/16

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■
■■■■■■
■■■■
■■
「歯科医院経営コンサルティングレポート 〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」
  2014/09/16号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
************************************************************************
「ケアマネへのアプローチ方法part2」
************************************************************************
皆様こんにちは。
歯科医院コンサルティングチームの矢田琢朗です。
先日福岡で開催しました訪問歯科セミナーは36名の
勉強好きな院長先生、理事長先生にご参加いただきました。
大阪、東京会場の開催も決まりましたので、
下記の案内をご覧いただければと思います。
前回のメールマガジンでは、ケアマネージャー(以下ケアマネ)
に対してのアプローチについて書かせていただきました。
ポイントをまとめると
1、手当たり次第に事業所に挨拶回りにいくのではなく、
  事業所の規模を調べた後に効率的に足を運ぶことが重要
2、ケアマネに覚えてもらえるよう、イラストや写真付きの名刺を配ること
の二点をお伝えさせていただきました。
本日お伝えするポイントは
3、「ケアマネをサポートするツールをお渡しする」ことです
  ⇒基本的に事業所への挨拶回りはご利用者を紹介していただくために
   行うものですが、一方的に「紹介してください!」のスタンスでは,
 数ある地域の訪問歯科の中から自院を選んでいただくことはできません。
 あくまでギブ&テイクの関係で、なおかつ先に与えることが
 ケアマネとの信頼関係構築の中で必要になります。
 
 ご支援際の医院ではケアマネやヘルパー、ご家族の方に対しての情報提供として
 訪問歯科に関するよくある質問や口腔ケアの仕方に関する情報をひとつにまとめた
 「サポートブック」というものをお渡ししています。
 ケアマネがご利用者の方に訪問歯科について質問されたときに
 お答えするためのQ&A集や、お家族が自宅で口腔ケアを行う際に
 参考にしていただく正しいうがいの仕方や入れ歯のケアの仕方を
 一冊にまとめてあります。
 このようなツールはケアマネさんにとても喜ばれ、
 事業所内での良い口コミにつながります。
 上にも書きましたがケアマネさんとの関係の中でどのようにギブ&テイクを
 築いていくかが訪問診療を拡大させるための必須条件となりますので、
 そこに目を向けた取り組みを行っていくとよいでしょう。
【執筆者:矢田 琢朗】
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る