「人材採用残念ループ!?を打開する最新採用マーケティング」

皆様、こんにちは。
船井総合研究所の長谷川光太郎です。

新型コロナウイルス対策や、予防の為の生活様式が定着している2021年。
患者さんの声に応え、感染防止対策をとりながら、日々の診療に取り組まれている医院様も多いことと存じます。
皆様のお取り組みに、心より敬意を表すと同時に、ご自身の健康管理にも御心配りされることを切に願います。

今回のメールマガジンでは、人材採用残念ループを打開する最新採用マーケティングについてお伝えさせていただきます。

医院経営において、業績と同じくらい頭を悩ますのが人材採用。
私も多くの院長と経営相談や、支援を行っている中で、人材採用に関して話題にならないことは無いと言っても過言ではありません。

こちらご覧の皆様も、
「以前と比べて明らかに求人を出した時の反応が悪い…」
「採用紹介会社経由だとコストが中々…」
「あんまり優秀じゃないけど、採用したわけだし離職させないように気を遣おう…」
上記のようなお悩みをお持ちの方も多いかと思います。

このお悩みは相関関係にあり、
1.求人を出した時の反応が悪く、応募が全然来ないから、紹介会社に頼ろう!
2.紹介会社に出すと、ちょこちょこ応募の連絡は入るけど、採用にコストかかるよな~…
3.折角大金出して採用したんだから、能力微妙でも定着してもらうために気を遣おう…
と、嬉しいはずの人財採用が、
一転負担に代わってしまうケースが散見されます。
これが今多くの歯科医院経営者様が陥っている『人材採用残念ループ』でございます。

この『人材採用残念ループ』から抜け出すために必要な戦略は下記となります。

⓪ 近隣他院との応募条件の比較と再構築
┗情報はすべて公開されているものと思うこと
┗その上で他院に負けない条件を再構築すること
※特に給与と厚生年金と勤務時間は重要

①自院の採用サイト、ないしはページを持つ
┗自院の魅力は、自院の管理下に置く
┗自院の魅力はどこにあるか、そしてそれはどのように打ち出すべきか?(広告含め)
┗応募手前の求職者に対する窓口はあるか?
※LINEによる応募前質問窓口はうけが良い

②自院にマッチする人材の採用
┗採用後に困らない面接基準はあるか?
┗採用後の試用期間は活きている設計になっているか?
┗いつまでにどのように育っていてほしいかの設計が出来ているか?
※NGラインを採用基準として持っているかが重要

上記に挙げた取組みこそ、
『人材採用残念ループ』から抜け出す秘訣になります。
是非、採用でお困りの歯科医院経営者様は、
上記をご参考にお取り組みを始めていただければと存じます。

メルマガの文字面だけではピンとこないという方や、
下記のような方は、本テーマを取り上げた無料1時間のセミナーを開催させていただきますので、是非ご参加いただければと存じます。

【このような方はセミナーにご参加ください】
✓10年前に比べて採用コストが跳ね上がってきている方
✓紹介会社に依存したくない方
✓今の採用の最新情報を得たい方
✓良い人材の見分け方を学びたい方

【セミナー申込みURL】
・最新事例紹介セミナー<採用マーケティング編>
6/27(日)11:00~12:00
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/071977
※現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、WEBによる開催を予定しております。今後の状況によって変更がでる可能性があることをご了承いただけますと幸いです。

今まで200件以上の歯科医院様に採用支援してきた船井総研だからこそ
お伝えできる、採用マーケティングのポイントをまとめたセミナーですので
少しでも興味をお持ちの方は是非ご参加くださいませ。

あらゆる業界の中でも、特に人材不足が叫ばれる歯科業界。
避けられない採用、人材育成の荒波を
乗り越えるためのヒントを常に集め続け、
これからの医院経営に活かしていただければと存じます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【執筆者:長谷川 光太郎】

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る
×