成功事例:まさみ歯科 院長 小野正美様

まさみ歯科 小野正美 院長様

【当院紹介】

みなさま、初めまして。まさみ歯科院長の小野正美と申します。当院は宮城県仙台市青葉区に開業して17年経ちます。
現在チェアは6台あり、内科や整形外科などの複合型医療施設内にて診療を行っています。
17年間の歯科医院経営の中で、2011年に起きた東日本大震災により当院ではスタッフの離職など、医院経営の危機を経験してまいりました。
そうした経営状況の中でも歯科医師・歯科衛生士・歯科助手などスタッフの採用や組織化に注力し、着実に業績を伸ばすことができ、チェア1台増床も実現できました。
まだまだやりたいこと・やるべき課題もありますが、これまで経営を続け飛躍できたのは、当院で働くスタッフ一人一人の協力が欠かせなかったと常々感じています。

【これまでの取り組み~スタッフの組織化への道~】

全国各地、歯科医院で働くスタッフのほとんどが女性かと思います。
女性には出産や子育てなどの他の人には代替できない人生の分岐点があります。
そうした女性スタッフが当院で長くいきいき働ける環境づくりとは何か、それを可能にするためには医院としては何をしたらいいのかということを、常に考え続けてきました。

「働きがい」と「働きやすさ」の両軸を高めることになるわけです。

「働きがい」に関しては当院では毎年4月に方針発表会を開催しています。
これは当院のスタッフのみならず、当院とお付き合いをしてくださっている税理士事務所様、HP制作会社様、そして船井総研様に集まっていただき、医院の方向性や今後導入したいことなどを院長の私から伝えています。
また船井総研講座もあり、そこでは歯科業界の動向や個人の働き方についてお話してもらっています。
年に一度、改めて経営のトップである院長がスタッフに経営の方向性を指し示すことで、全員が足並みを揃えて同じ未来に向かって業務を行うきっかけとなるので、とても大切にしているイベントです。
また医院のために格別に活躍してくれているスタッフへの表彰もあり、スタッフのモチベーションアップにも繋がっています。方針発表会以外にも、当院では委員会運営(広報・衛生・院外活動)を各個人が役割を担っており、毎月活動報告を行っています。
また補綴カウンセリングについても、だれか一人をトップTCとして育成するのではなく、全スタッフが同じレベルで対応できるように、毎月のミーティング時にトレーニングを行っています。おかげで地方都市ではありながら、自費売上は安定化してきました。
一人一人が当院にとって必要な存在であり、各個人が成果を出しそれを見える化することでやりがいにつながっているのだと思います。
そして「働きやすさ」の軸です。昨今働き方改革が叫ばれておりますが、当院でも仙台市という地方都市の中でいち早く診療時間の短縮に踏み切りました。

現在は18時終了となっており、ほぼ残業はありません。
また、有休消化率も100%です。医療業界は、ともすると長時間労働が慢性化してしまうかと思いますが、スタッフが長時間勤務で疲弊することなく、働いてもらえるので業績も生産性も高まっています。そして嬉しいことに、産休明けに職場復帰したいという歯科衛生士も現れてくれました。
スタッフの働く環境が過酷だと一人一人余裕がなくなってしまい、ぎすぎすした雰囲気になってしまいますが、一人一人が休みをとり勤務時間を短縮化することで心に余裕がでてくるので、スタッフ同士の関係性や患者さんに満足してもらえるような建設的な意見が出てくる環境になったかと思います。

【これからの展望に関して】

日本の歯科医療費の将来予想や地方都市という立地を鑑みて、当院では自費メンテナンスの確立を行ってきました。
カウンセリング体制を構築し、今では月間目標100件を達成するべく邁進しています。
そして、高齢化にともなって義歯ニーズが拡大しつつありますので、船井総研様にご協力いただき自費義歯拡大のマーケティングを行っています。
義歯専門のHP制作やPPC広告などのwebマーケティングをはじめとして、今後は既存患者さんにアプローチをして、義歯強化歯科医院を目指していきたいと思います。
また人生100年時代において、無資格のスタッフも含めて全スタッフがキャリアアップとしてやりたいこと(資格取得など)を叶えられるように、当院としてもできる限りサポートして、当院のスタッフがたくましく100年時代を生きてもらいたいと強く願っています。

【船井総研齋藤からみるまさみ歯科様の魅力】

まさみ歯科様の魅力は、その組織力にあります。
2017年に実施した組織力診断(従業員の組織力を数値的に判定するもの)では、全9項目で業界平均を大幅に上回り、FDI会員様の中でもトップクラスの結果をたたき出しています。
組織力が突出して高い環境の中で、堅実に業績アップ・生産性アップが実現できているといます。
組織力を高める要素としては、新卒衛生士の採用が一つのキーポイントになります。
衛生士の有効求人倍率が20倍以上の現代において、特に新卒衛生士の採用は困難を極めますが、スタッフを大切にするまさみ歯科様の姿勢が衛生士学校にも評価されて、新卒採用も成功しています。つまり、スタッフを大切にし、スタッフに寄り添った医院経営スタイルがプラスの循環を生み出しているのです。

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る