歯科医師として、経営者として、 幸せを叶えるための6つの問い

2017年05月19日 (金)

コラムテーマ:
未分類

 
 
皆さん
こんにちは、歯科グループの矢田です。
先日愛知学院大学歯学部OBの方の経営勉強会にお招きいただき、
若手歯科医師の方向けの講演と集団での経営相談を行ってきました。
 
昨年開業されて2億規模を目指される医院様
今月にお父様と一緒に移転開業をされる医院様
開業をいつのタイミングにするか悩まれている方
 
様々な方の前で歯科医院経営の実践的ノウハウから
歯科医院経営者の人生についてまでお話しさせて
いただいたのですが、中でも私が何百という歯科医院経営者の方と
 
お話させていただいた中から導き出した「歯科医師として、経営者として、
幸せを叶えるための6つの問い」の話が一番グッと来ていただいた
のではないかと思います。
 
その問いとは以下の6つです。
 
1.人生ポリシーはあるか?
⇒幸せを感じている院長先生には明確な人生ポリシーがあります。
右に行くのか左に行くのかブレそうな時に自分を導いてくれるのが人生のポリシーです。
何のために歯科医師を続けているのか、何のために歯科医院を経営し続けているのか、
おそらくそこにはお金のため、生活のためだけではない皆様のポリシーがあるはずです。
このポリシーの強さと大きさによって歯科経営者としての幸せは変わります。
 
2.真剣に欲を洗えているか?
⇒これは尊敬する歯科経営者の方から教えていただいた表現ですが、
車を買いたい、いい家に住みたいという欲はまだ自利の欲であり、
そういった欲を満たして初めて誰かのために何かをしたい
といった利他の欲が生まれてくると言います。
 
まずは汚い自分の欲を満たすだけ満たして、
欲を綺麗にすることで誰にでも素直に表現できる
綺麗な欲ができると、その歯科経営者は周りから尊敬されます。
 
3.腹を割り切って話せる仲間はいるか?
⇒自分がつらい時に、しんどい時に助けてくれる人の数が
人生の価値、経営者の価値とも言えるでしょう。
愚痴をいうのではなく、腹を割り切ってお互い言い合える
仲間の数が多いほど歯科経営者の方の人生は裕福になります。
 
4.経営を楽しんでいるか?
⇒好きこそ物の上手なれで臨床もそうですが、経営も同じです。
ある程度成功体験がなければ上手になれません。
もちろん売り上げだけがその尺度ではありませんが、
経営を好きになって、楽しめて初めて歯科経営者として幸せになれます。
 
5.刺激的な人との出会いがあるか?
⇒歯科業界の方の特性として、違う業種の方と接する機会が
少ないということが挙げられます。
違う業種の方や同じ業種の中でも尊敬できる方との出会いが
多ければ多いほど歯科経営者としての価値観・幅が拡がります。
 
6.自分の意地を貫けているか?
⇒1の問いとつながる部分がありますが、自分のポリシーや意地を
貫けるかどうか、貫くためには自分の利益は度外視できる方が
歯科経営者として、漢として大きくなれます。
 
なかなか文章では伝わりづらいところがありますが、
このような話をさせていただきました。
 
さて6つある問いの中でいくつの問いにYES!と言えたでしょうか。
 
歯科経営に悩んだときはこの問いのことを思い出していただければ幸いです。
 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

矢田 琢朗

プロフィール詳細

「治療技術は一流でスタッフの方々に対する愛情もあるのに、そのことを上手く伝えられていない院長先生が圧倒的に多い」。コンサルティングの現場で感じた経験から、院外・院内での情報発信、先生とスタッフの円滑なコミュニケーションを図り、先生の思いを実現できる医院の姿を目指していく。先生、スタッフ、患者さま、それぞれの間に入り、「つなぐ」ことをコンサルティングの信条としている。

ブログ:“元ボクサー”矢田琢朗の情熱日和
http://ameblo.jp/t-yada/

×

ページのトップへ戻る