【人財採用】採用活動を行う際のバランスを考える!

2016年07月06日 (水)

コラムテーマ:
未分類

皆様、こんにちは。
船井総合研究所歯科チームの水野が担当させていただきます。
 
今回は「採用活動を行う際の人件費のバランス」についてお送りいたします。
これから採用活動が本格化する時期に突入してまいります。
今から本腰を入れて採用活動を行っていくという方も少なくないと思います。
そこで、皆様、採用活動を開始する際に欲しい人財(職種)を獲得するためにあまり深く考えずなんとなく動かれてはおりませんか?
 
日々、歯科医院様へ採用コンサルティングの提案をしていると、よくご相談を受けます。
「現在日々の診療が忙しくて、医院全体の負担を軽減したいため、歯科衛生士を1名採用していきたい。」
こういったご相談を多く受けることがあります。
 
診療業務を軽減させる目的から歯科衛生士を獲得する考えは正しいです。
しかし、果たしてそれが本当に医院の経営を改善できるのかといったことについても深く考えていかなくてはなりません。
 
歯科衛生士を1名採用した場合に医院の人件費率はどうなるのか。
売上が1億円程度の医院であれば、適正人件費率は25%程度という指標がございます。
30%を超えてくると、人件費が経営を圧迫する大きな要因になってくる可能性が大きいと考えます。
 
そのため、歯科衛生士を採用できたとしても、業務負担は軽減できたかもいれないが、経営面では圧迫され医院の存続が危機に陥るということにもなりかねません。
採用活動をしていくうえでも、コストやリスクが伴います。
自院が今本当に人財採用活動をしなくてはならないのか。
財務状況、人員体制の再確認をしていく必要があります。
 
【財務状況】
財務状況は大きく二つ考えるべきことがあります。

  • 採用までにかかる費用

歯科衛生士一人採用するにあたって採用にかかるコスト(およそ30万程度)

  • 入社してからかかる費用

実際に採用した際にかかってくる人件費(基本給与、賞与、福利厚生費等)
 
 
【人員体制】
診療を最大限効率的に回せるような仕組みになっているか
チェア台数に対しての人員体制が確立されているか。
アポイントを的確に無駄がないように入れることができているか。
 
前述のように、採用活動を行う前には必ず採用が必要なのか、できる体制なのかを再認識したうえで良い人財と巡り会うための採用活動を行っていただけたらと考えております。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

水野 陽介

プロフィール詳細

医療開業コンサルティング会社を経て、株式会社船井総合研究所入社。入社後は歯科医院経営コンサルティングチームに配属。多くの歯科医院が抱えている経営の悩み「人財獲得」を成功させるため、人財採用専門コンサルタントとして、日々全国の歯科医院様への採用コンサルティングに従事。歯科衛生士学校など訪問し現場の声を集め、現場の生の声を反映させて組織・風土創り、採用といった流れを創りだす。

ページのトップへ戻る