1人あたり1500万円の生産性のある人員配置ができていますか?

2015年03月10日 (火)

コラムテーマ:
こうすると職場環境は活性化する

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

本日は兵庫県の歯科医院様のご支援でした。

私は日々、採用、教育、評価を中心とする組織活性化の

コンサルティングを行っているのですが、

組織活性化にも、私なりの定量的なミッションがあります。

それは

「1人あたり1500万円以上の生産性のある歯科医院」

作りです。

これは目安であり、

目標値は2000万円です。

この数字は

年商/(常時在籍人数)

で算出します。

在籍人数には、院長先生など経営陣も含まれます。

なぜ、1500万円なのでしょうか。

それは、

1500万円以上ないと

余裕を持って採用コストや評価による賞与コスト、

結婚・出産等の復帰制度等々、


時代の流れについていくための順応ができなくなるからです。

そして2000万円以上になると

・患者様に満足していただくための機材投資

・スタッフに満足してもらうための投資

ともにできるようになります。

そのために

人員最大化を図るためのミーティング支援を日々しているのです。

皆様も

1人あたり年間生産性を意識した上で

2015年は診療経営をしてみてください。

頑張ってください!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

×

ページのトップへ戻る