歯科院長先生のやる気をアップさせる本

2008年07月01日 (火)

コラムテーマ:
松谷読了本

 
こんばんは。
株式会社船井総合研究所  歯科医院 経営コンサルタントの松谷直樹 です。
私の勤務する船井総研という会社はヘンな会社で、あれをしろ、これをしろということはほとんどありません。
したがって、自分で仕事を作り出し、自分でこなすことが求められます。
仕事のモチベーション(やる気)についても同じことですね。
歯科医院の院長先生と似ているかも知れません。
といいますのは、顧問先の院長先生や、コンサルティングの依頼をいただくときに「最近やる気が落ちてきているから、お尻をたたいてください」的なことを言われることがあるからです。
毎日同じことの繰り返し?だとそのようになってしまうでしょう。
新しいことに取り組むことの大事さと、原点を見直すことの大事さを教えてくれる本を読みましたのでご紹介します。
タリーズコーヒージャパンの元社長の本です。

仕事は5年でやめなさい。/松田 公太
¥1,000
Amazon.co.jp

私が学んだのは
・顧客に誠実に対応することの重要性
・現状維持は衰退と同じである
・スタッフのほめ方
・些事を丁寧にすることが大事
といった点です。
タリーズコーヒーが好きになりましたかお
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営のご相談ご質問、、コンサルティングの質問等ありましたらmatsutani@funaisoken.co.jp
㈱船井総合研究所 メディカルグループ 松谷直樹あてまでお願いいたします

 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

松谷 直樹

プロフィール詳細

売上、利益の向上を大切にしながらも、「本当に患者さんに喜んでもらえる歯科医院作り」をコンサルティングの第一の目的に している。 「歯科医院は患者さんに喜んでもらえるためにある」「経営ノウハウは患者さんに喜ばれるような歯科医院作りのために活用するべきだ」という信念を元にコン サルティングを実施。 実現可能な提案と口頭だけでなく提案内容を実際に現場に落とし込み、実行するコンサルティングのスタイルを実行している。

ページのトップへ戻る
×