勤務医のパフォーマンス最大化と定着の秘訣

2019年09月12日 (木)

コラムテーマ:
スタッフの能力を高める教育

皆様こんにちは。
船井総合研究所の長谷川です。
いつもブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
今回は
「勤務医のパフォーマンス最大化と定着の秘訣」について
お伝えさせていただきます。
 
当ブログをご覧の皆様の中には、
「勤務医の成長スピードが遅い気がする…」
「勤務医がやる気なさそう…」
「勤務医が中々定着しない…」
といったようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。
 
実際我々も院長先生方から
上記のお悩みをうけることも多く、
医院経営課題の一つともいえるでしょう。
 
そのような状況の中、
勤務医の方がイキイキと働き、
定着率も高い医院様がございます。
こちらで実践されている、
勤務医の方のパフォーマンスを最大化させ、
尚且つ定着率も高めるお取り組みについて
紹介をさせていただきます。
 
こちらの医院様でのお取り組みは大きくは3つ
①教育マニュアルが整っている
②勤務医のキャリアステップを明確化している
③キャリアステップに応じた評価制度を構築している
上記のお取り組みが挙げられます。
 
①の「教育マニュアルが整っている」に関しては、
特に新卒勤務医のパフォーマンスを最大化、
定着率を高める為に効果的とのことです。
いつまでにどこまでのレベルを達成すればいいのかが
明確になっていると、努力の方向性も間違えませんし、
何より安心して自己研鑽に励むことができます。
 
②の「勤務医のキャリアステップを明確化している」に関してですが、
多くの勤務医は開業を一つの選択肢に加えながら
勤務し、診療を学ばれています。
勤務している医院のキャリアステップや
得られるノウハウの最果てが、
「うちで副院長になること」
「副院長に必要なスキルを全て教えます」だとすれば、
開業を視野に入れている勤務医からしたら学びが限定的過ぎるので、
もっと権限をもたせてくれたり、
開業を応援してくれる他院で勤務したいとなり、離職に繋がります。
そういった離職を防ぐためには、
開業を志す勤務医には〇〇をサポートします
逆に、分院長や副院長を志す勤務医には〇〇をサポートします
といったキャリアステップ、サポートを明確化することが重要です。
そうすることで、日々の診療のモチベーションの向上、
及び定着に繋がります。
 
③の「キャリアステップに応じた評価制度を構築している」ですが、
前述のそれぞれ目指すキャリアステップに応じた
評価制度を構築しておくことで、
価値観に応じた納得感の高い待遇を勤務医に与えることができます。
例えば、開業を志す勤務医には、
開業時に困らない診療スキルの獲得/効率的な開業資金準備を得るために
保険診療/自費診療ともに歩合に重きを置いた賃金/評価制度を用いる。
分院長や副院長を志す勤務医には、
ライフワークバランスを満足いくものにするために
福利厚生に重きを置いた賃金/評価制度を用いる
などが挙げられます。
勤務医それぞれの価値観や目指すキャリアステップに合わせた
評価制度を構築することで、
パフォーマンスの最大化、定着率の向上に繋がります。
 
上記のお取り組みを行うことで、
患者満足度の高い診療の提供、
勤務医の将来も含めた幸せに寄与、
安定した医院経営を実現することができます。
 
日々の診療の中でお忙しい中と存じますが、
改めて教育マニュアルの構築、
中長期的な勤務医キャリアプランの作成、
それに伴う評価制度や賃金体系を確認、再考する時間を
設けていただくことをお勧めします。
 
最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
【執筆者:長谷川 光太郎】
 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

ページのトップへ戻る