【歯科】リコール・メンテナンス数を増やすための落とし穴

2010年08月16日 (月)

コラムテーマ:
リコール患者様を増やす

 
皆様、こんにちは。
船井総研 歯科コンサルタントチームです。
今日から診療スタートする先生方も、まだお盆中の先生方もおられると思いますが、私は今日からコンサルティングスタートです。
ただ今、秋田県にきています。
今から、ご支援がスタートします。
本日お伺いする歯科医院さんの特徴は、なんと言っても、メンテナンス患者が多い!!
いまや、治療から予防へシフトしていこうと考えている歯科医院さんが増えているものの、なかなか増やすことができないのが現状のようです。
それもそのはず、実はリコール率が50%~60%継続していても、メンテナンスの患者数自体は伸びないのです。
これは計算して頂けたらお分かりになります。
リコール率が70%あっても、メンテナンス患者が2倍になるためには時間がかかります。
メンテナンスを本気で増やそうとするためには、80%以上はないと厳しいのです。
今日、お伺いする医院さんは、リコール率90%前後を常に維持できています。
だから、患者数が増え続けているのです。
ですので、治療終了した患者さんをメンテナンスに誘導する取組みとマンネリしないように継続してメンテナンス来院している患者さんの脱落率を減らす取組みを並行して、徹底していかなくてはなりません。
メンテナンスの伸び悩みを感じておられる方は、
まずは、どこに原因があるか探るところから始めましょう。
・治療終了患者の誘導ができていないのか
・継続率が低いのか
大きく分けるとこのどちらかです。
具体的取組み策については、またブログでご紹介する予定です。
本日も御忙しい中、お読みいただいている方、本当にありがとうございます。
心から感謝しています。
 

 

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

ページのトップへ戻る
×