「速報:モバイルファーストによるSEOの新常識」

皆さん、こんにちは。
歯科経営コンサルティングチームの齋藤真緒です。
本日は、「SEO対策の新常識となるモバイルファーストインデックス」
についてお話させていただきます。
突然ですが皆様、医院のHPをお持ちの方が多いかと思いますが
最新のSEO対策はできていますでしょうか?
結論からお話しすると、最新のSEO対策で重要なのは
“モバイルサイトで患者様が知りたい情報を
 すぐに知ることができるかどうか”
という観点です。
ではもっと詳しくみてみましょう。
現状を整理すると、今や50%以上の患者様が医院のHPを閲覧して、
来院している時代です。そして、歯科関連の検索をする人のデバイスの
割合としては次のようになっています。
モバイル:73%
パソコン:23%
タブレット:4%
なんと歯科関連の検索する際は、モバイルを使って調べる患者様が3/4も
いるという結果になっています。
Webによる集患対策が重要であるというのは、すでにご存じの方が
多くいらっしゃるかと思いますが、“パソコン用のサイト(HP)を
もっている”というだけでは多くの患者様の来院につながりにくいのが
現実なのです。
Googleでも、モバイル版のサイトがユーザーにとって有益(ユーザーが
探している事柄をすぐに知ることができる)であるかどうかの評価が
検索結果の要因の一つとなると公表しています。
(2016年10月Googleより公表)
※ページ単位ではなく、サイト単位でモバイル版のサイトが最適化
されていることが必要です。
そして直近の動きとしては、2018年3月28日にGoogleの
ゲイリー・イリェーシェ氏より
「全体の数パーセントのサイトでは、
すでにモバイルファーストインデックスの導入が完了している。」
と発表されました。
現座、一部のサイトではすでにモバイルサイトの評価が始動している
ということが言えます。
※検索順位は競合との相対評価であり、サイト全体を総合的に
判断されて決定します。
モバイル対策が必要なことはここでお分かり頂けたかと思います。
では“モバイルのサイトをただ作ればいいのか?”
というとそれだけでは不十分です。
それは前述したようにGoogleがユーザーにとって
有益(ユーザーが探している事柄をすぐに知ることができる)
であるかどうかという軸を重視しているからです。
モバイルサイトのコンテンツの充実やユーザーにとって分かりやすい
導線になっているかという点ももちろん重要ですが、
今回はユーザーが探している情報を“すぐに”知ることができる
ということに注目したいと思います。
“すぐに”というのは、すなわちサイトの読み込み速度・スピードが
速いことを意味します。
さて、皆様のモバイル・パソコンのサイトの読み込み速度は
どれくらいでしょうか?
こちらのサイトからすぐに調べることができますので、お試しください。
[[https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/]]
※他にもGoogleAnalyticsなどの分析ツールで調べることも可能です。
ページの読み込み速度がユーザーに与える印象としては
1~2秒:好印象
3~6秒:使えるけど遅い
7~10秒:遅い
10秒:遅すぎる
このように差が出てきてしまいます。
さらにページの読み込み速度が3秒以上かかる場合は、
40%ものユーザーがサイトから離脱してしまうため、
来院に繋がらないという事態が発生してしまうのです。
ですのでサイトの読み込み速度も今後は重要視していただきたいと思います。
ここまでお伝えしたことから、すぐに皆様に行っていただきたいのは
・モバイル版のサイトがない方はサイトを製作していただく
・モバイル版のサイトのページスピードを最適化していただく
※モバイル版のサイトのコンテンツの充実を図ることは前提です。
まずは上記のことを確認していただければと思います。
ご不明点や、ご自身のサイトはどうなのか?
といったことで気になる点がございましたら、
ぜひご自身のサイトを個別で我々が分析させていただきますので、
下記のweb無料診断よりお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
【執筆者:齋藤 真緒】

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る
×