「歯科医院経営コンサルティングレポート」2015/04/17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
■■■■■■
■■
「歯科医院経営コンサルティングレポート〜船井流 1000院からの成功事例報告〜」
  2015/04/17号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
**************************************************************************
「自分がやりたい診療をするには?」
**************************************************************************
こんにちは。
本日は船井総研歯科医院経営コンサルタントチームの松谷直樹が担当させていただきます。
私たちのお付き合い先の方は、こういう診療をしていきたい、という明確な方向性
をもっている方が多くいらっしゃいます。
私たちはそういったことが実現できるようにサポートしているわけですが、単に自
分がやりたいことだけをするというのは、個人的にはどうなのかな、と思います。
強いカウンセリングをして成約をしても医院は良いかもしれないが、患者様はどう
思うかはまた別だと思うからです。
大切なことは患者様に喜んでいただける、満足していただける診療を提供すること
ではないかと思うからです。
患者様に喜んでいただける提供をしていく一方で、自分が提供したい診療を提供し、
自分の目標も達成する。
つまり、患者満足と自分満足の両立をすることが歯科医師としての一つのやりがい
であり、喜びではないでしょうか。
自分が提供したい治療とはドクターによって異なります。
それは、審美補綴のこともありますし、インプラント、矯正治療、自費の義歯、歯
周病治療、根管治療の自費化、かみ合わせ治療、メンテナンスを自費化していく、
というような色々なパターンの提供したい診療があります。
もちろんそれが保険診療でも構わないと思います。
しかし、多くのドクターは、あんまり、気が進まないな・・・と思いながら、治療
を行っているケースもあるようです。
「ほんとはここは自費にしてもらったほうが、2次カリエスになるリスクは減少する
可能性があるが、患者さんが保険を希望しているので、保険治療をしなければならない。」
これはもしかすると医院にとっても患者様にとっても不幸なことかもしれません。
この問題を解決するための手段がホームページを使った外部マーケティングであり、
実際に院内に来院されてからのカウンセリングなどを行う内部マーケティングであります。
これらのマーケティング手法については、ここでは詳しく触れませんが、こういった
手法や手段を上手に用いて、自院に来ていただきたいような患者様に来院頂き、適切
なインフォームドコンセントを行うことで、患者納得と患者満足を向上させている医
院様があることは事実です。
こういったドクターとお会いしていると皆様一様に幸せそうなお話をされることが多く、
歯科医師としてのやりがいを感じておられることがこちらにも伝わってきます。
今回、このような医院様に実際に医院見学に行って、直接院長から講義を聴けるような
バスツアーを企画しましたので、ご興味ある方は一度見ていただけましたらと思います。
歯科医院視察ツアー(5月10日)
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315357.html
【執筆者:松谷 直樹】
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

メールマガジンのご案内

歯科医院経営コンサルティングレポート~船井流1000院からの成功事例報告~

歯科医院コンサルティング実績10年! 現場で積み上げた歯科経営成功事例満載のメールマガジンです。自費UP、増患、ホームページ対策、スタッフ育成、組織づくりなど、読んだ院長だけが得をする「3分でわかるノウハウ」を大公開します。

ページのトップへ戻る