成功事例:医療法人社団一淑会 東松原さかい歯科・矯正歯科:酒井 崇充 理事長

医療法人社団一淑会 東松原さかい歯科・矯正歯科 酒井 崇充様

【当院紹介】

みなさま、はじめまして。医療法人社団一淑会 東松原さかい歯科・矯正歯科 理事長の酒井 崇充と申します。

当院は東京都世田谷区に開業して4年が経ちます。

現在チェアは4台。私を含む歯科医師2名、歯科衛生士5名、歯科助手・受付2名で、昨年からアライナー矯正(インビザライン)に力を入れております。

【これまでの取り組み】

2016年の6月にチェア3台で開業を始め、
2016年6月~12月で3,000万円、2017年8,000万円、2018年9,000万円(この年に船井総研さんにコンサル依頼)、2019年1.3億円。昨年はチェアを増設。アライナー矯正(インビザライン)で年間50症例を達成し、プラチナプロバイダーになりました。そして今年はコロナウイルス等もございましたが、4月に法人化。6月末時点で前年比130%成長のペースで成長しております。

【船井総研の依頼のきっかけ】

船井総研さんには2018年の開業3年目からお世話になっております。
もともと、個人コンサルの方等含め、外部からいろいろな情報は得ておりましたが、やはり船井総研さんは大手であり、ノウハウも豊富にお持ちであったこと。セミナーも何回か受けさせていただきまして、アライナー矯正特化で診療を行いたいという私の希望にも叶うコンサルティングをしていただけるということで、ご依頼させていただきました。

【これからの展望に関して】

今まで一人でやってきたのですが、この度、勤務医の方も採用することになりまして、分院展開も視野に、もっとスタッフと協力して医院(法人)を大きくしていきたいと考えております。
アライナー矯正(インビザライン)ではプラチナ・エリート・プロバイダー(年間80症例)、ダイヤモンド・プロバイダー(年間150症例)を目標に頑張りたいと思います。

【担当コンサル小川からみた東松原さかい歯科・矯正歯科様の魅力】

東松原さかい歯科・矯正歯科様はその生産性の高さになります。現在チェア4台ですが、月ベース1,300万円(チェア1台あたり350万円/月弱)という生産性です。しかも、カウンセリングルーム無しでその生産性を実現させております。
またスタッフの皆様が素直で勉強好きな方が多く、矯正のカウンセリング等もスタッフの皆様が行うような体制づくりができております。
医院の構造上、これ以上の拡張が難しいため、今後は分院展開等も視野に入れており、ますます今後が期待される歯科医院様です。

 

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る