~最低賃金改定から読み取る採用動向~

2016年10月19日 (水)

コラムテーマ:
人財採用

皆様、こんにちは。
船井総合研究所歯科チームの水野が担当させていただきます。
 
我々、歯科人財開発チームでは、日々全国の歯科医院様で、採用を中心に組織活性化のお手伝いをさせていただいております。
今回のテーマは「最低賃金改正から読み取れる採用動向」です。
 
2017年の地域別最低賃金が発表されました。
各都道府県別で賃金が発表されているので、自院の周辺地域賃金は確認しておく必要があります。
下記は最低賃金上がり幅をまとめたものになります。
 

昨年対比 都道府県
A
(+25円)
千葉、東京、神奈川、愛知、大阪
B
(+24円)
茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島
C
(+22円)
北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡
D
(+21円)
青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 
全体的に引き上がっているのはひと目でわかります。
各地域の最低賃金は厚生労働省のホームページにアップされております。
ここで注目すべきは「賃金格差の拡がり」です。
A地域とD地域を比較してみます。
Aの東京は907円、D地域の鹿児島は694円。
差が200円以上も拡がっています。
にも、関わらず賃金伸び率は東京の方が大きい。
すると、ますます賃金格差が拡がっていきます。
 
賃金格差が拡がり続けるとどんな問題が発生するのか。
それは、「人財の都心部集中現象」です。
賃金が高い都心部へ労働者が流れていってしまい、地方の人財が流出してしまうことになります。
 
そんな状況下、採用を成功させるためにはどんなことをしていけばいいのか。
それは、「歯科医院のブランド力の強化」です。
賃金だけではなく、歯科医院で働くことでしか得られない非金銭面での魅力を打ち出していくことが非常に重要になってきます。
一度、自院の医院ブランド力は何があるのか、この機会に一度考えてみられてはいかがでしょうか。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
≪歯科医院向け採用力診断のご案内≫
 
「歯科医師」「歯科衛生士」採用にお困りの医院さまへ
船井総研歯科採用チームがあなたの医院の『採用力』を無料で診断します。
 
全国各地での実証済み事例多数!
歯科業界に特化した採用専門コンサルタントなので安心。
 
『船井総研 採用力診断』≪無料経営相談も実施中!≫
↓↓詳しくは、下記のURLから↓↓
/saiyouryoku/

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

水野 陽介

プロフィール詳細

医療開業コンサルティング会社を経て、株式会社船井総合研究所入社。入社後は歯科医院経営コンサルティングチームに配属。多くの歯科医院が抱えている経営の悩み「人財獲得」を成功させるため、人財採用専門コンサルタントとして、日々全国の歯科医院様への採用コンサルティングに従事。歯科衛生士学校など訪問し現場の声を集め、現場の生の声を反映させて組織・風土創り、採用といった流れを創りだす。

ページのトップへ戻る