トップがぶれない力を持つ!

2014年10月30日 (木)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科コンサルタントチームです。

本日は、大阪の歯科医院様でご支援です。

昨日まで山形県。

私は山形の歯科医院様2件行っていますが、

ともに好調です!

1件は全員が主役となるミーティングをしていることで

自費率3年間で3倍

セラミック治療毎月20本以上

キャンセル率5%以下

薬剤、材料比率8%以下

など、組織を活かして、数値面が大分好調です。

もう1件の医院さんも

開業以来、自費率、売上ともに最高値であり、

先生の夢に着実に近づいています。

さて、このような好調の歯科医院には、理由があります。

①院長トップがぶれない力を持つ

(これと決めたら、これをやりきる力)


②組織内に人財が豊富にいる

ことですね。

ただ、②は、①があってこそのものです。

山形のクライアント様スタッフさんたちと

飲みにいきましたが、

1人の衛生士さんがいっていました。

院長「うちの歯科医院はどうだった?期待通りだった?」


衛生士「いえ、期待以上の職場でした!」

とあり、話を聞いていると、

衛生士「先生がぶれていたり、しょうもない歯科医院であれば、辞めていたでしょう。

厳しいですが、私が成長するにあたってぴったりの歯科医院だから、これからも当院で頑張っていきます!」

今、私も採用の仕事をしていますが、

採用はいい人を採るためのものではありません。


ポテンシャルのある人をどう育て上げて、どう人財化していくかです。

どれだけ、有能な人でも

育つ環境がなければ、退職するか、ポテンシャルが消えてしまうかします。

そして、そういった環境の医院こそ、人財ではなく、人材が働きやすい職場となり、残ります。

①のトップのぶれない力

これはとても大切です!!

頑張ってください!!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

歯科コンサルタントチーム

プロフィール詳細

×

ページのトップへ戻る