東京先進医療クリニック様

東京先進医療クリニック 名取様

Q.クリニック経営のこだわりを教えてください。

A.
『総合的な医療が提供できる』ことが、当院の大きなこだわりです。
東京先進医療クリニックは、形成外科・美容外科・皮膚科・口腔外科・歯科などの専門医が集結した「医療総合ビル」を目指し立ち上げました。
ここでは、患者様のお悩みを総合的に応えられるよう、最新の設備や診療体制を整えております。

 

Q.どのような成長曲線を辿られましたか?

A.
東京先進医療クリニックは、東京美容外科のハイブランドとして、美容外科・形成外科・美容皮膚科・審美歯科の治療ができる医療総合クリニックとして開院致しました。
歯科の分野では、開院当初から掲げていた歯医者への「痛い・怖い・時間がかかる」というイメージを払拭できるよう治療を行ってきました。最近では、そのようなご要望で来院される患者様も増えております。
高度な医療技術を提供することで患者様の幅広いニーズに応えることとともに成長してきました。

 

Q.美容外科を中心に展開される中で何故歯科分野(東京先進医療クリニック)へ参入されたのでしょうか?

A.
外科(輪郭の矯正など)だけでは、パッと見た時の見た目は良くなっても『笑顔』が輝かない。トータル的な美容を考えるならやはり口腔内のサポート等が必要だ、と感じるようになり、歯科分野への参入を決意しました。
美容外科と歯科分野がうまく連携することで、幅広い治療が提供できることを目指しています。

 

Q.歯科だけでも多数の診療科目がありますが、どの治療のニーズが高いのでしょうか?

A.
最もニーズがあるのは、『矯正治療』です、特に色、形、並びの自由が利くセラミック矯正をご希望される患者様が非常に多いです。
大事にしている考え方は『身体に良いものを』をモットーに日々診療をしています。
もちろん口の中に入れるため、材料・機器も体にいい物(短時間で効果が出るものを)をということが最も重要です。
また、歯科治療が苦手な方に対して、眠っている間に治療が終わる、全身麻酔での歯科治療のニーズも高いです。

 

Q.現状の審美歯科業界に対する課題、それに対するクリニックなりの対策を教えてください。

A.
あくまで審美だけが目的ではなく、『臨床的な観点をクリア』するのが前提ということです。
しかし患者様の中には、見た目を治す為だけに、『前歯』だけの治療を希望して『臼歯(奥歯)』の治療は不要と仰る患者様もいらっしゃいます。当院では初診カウンセリング時に、医院方針として全顎的な治療のご提案しておりますので、方針と合わない患者様は残念ながらお断りすることもございます。

 

Q.他の審美歯科が補綴を低価格化していく中、貴院ではプライシングについてどうお考えでしょうか?

A.
他院の価格設定は考慮していません。当院では『適正なものを適正な価格で』提供することを心掛けております。良い材料を使い、院内に技工士が常駐し患者様のご希望に沿った丁寧で緻密な補綴物を提供している為、料金も適正な設定になっております。

 

Q.各ドクターのInstagramや、Facebook広告、Twitter、YouTubeSNSを活用されていますが、その効果とポイントを教えてください。また、各SNSによる違いがありましたら合わせて教えていただきたいです。

A.
現在はネット経由での来院が非常に多いです。その中でも、最近は特にInstagramには力を入れております。
投稿では、ドクターの症例写真を上げることも多いです。そのためか、「症例を見て来院しました」と患者様からお話いただくことが増えたように感じます。

 

Q.大規模な医療機関に成長しつつありますが、スタッフマネジメントのポイントを教えてください。

A.
私たちは、「患者様に寄り添った対応」というものを大切にしています。
そのためスタッフ教育も、医療クリニックではあるものの『サービス業』を意識した内容に近いです。
例えば教育研修では、医療への知識向上だけでなく、患者様対応として接客の教育も行っております。

Q.今後のクリニックの展望をお教えください。

A.
短期的には、お顔回りの美容治療・サービスをトータルで提供できるようクオリティを向上させることです。
中長期的には、お顔回りだけでなく全身の美容治療・サービスをトータル的に提供し、分院等の展開もできるようにしたいと考えております。

歯科医院経営研究会(FDI)のご案内

歯科医院経営研究会(FDI)とは、歯科医院の業績アップを目的に、歯科医院経営の時流や専門情報、即実践ツールの紹介、参加者同士の成功事例を共有する研究会です。

ページのトップへ戻る
×