1人あたりの生産性を意識しよう!

2014年10月20日 (月)

コラムテーマ:
歯科医院経営の考え方

みなさん、こんにちは。船井総研 歯科医院経営コンサルタントチームの戸澤良親です。

本日は、神奈川県の歯科医院様です。

皆さんは、人員適正配置にあたって、1人あたりの生産性を気にしたことがありますか?

医院によって、全く異なりますが・・・

理想は院長を含めた1人あたりの年間生産性が1500万円です。

つまり、院長を含めて常時6名の歯科医院であれば

6×1500万円=9000万円

です。

本日お伺いした歯科医院様は

1人あたりが1750万円です。

とっても良いです。

生産性が高いと


・投資ができる

・人を増やせる

・既存スタッフに余分に還元できる

など、患者様やスタッフ、将来の医院にとって

良い影響を与えます。

反対に1人あたりの生産性が1000万円~1200万円だとどうでしょう。

生産性が低い分、

上記のような、前向きな動きが出来にくくなります。

この生産性を続けていると

最終的に、悪循環に陥ります。

1億円で常時スタッフ数が9名以上

2億円で常時スタッフ数が20名以上

これはなかなか要注意ですね!

もちろん、投資の期間で生産性を下げている場合は、問題ありません。

戦略的ですから。

ただ、計画性なしに、生産性1000万円は問題です。

しっかりと、診療経営は計画的かつ戦略的に立てましょう!

頑張ってください!

応援しております!!

同じテーマで記事を探す

この記事を書いたコンサルタント

戸澤 良親

プロフィール詳細

船井総合研究所に新卒社員として入社。
介護ビジネス・不動産業界と様々なコンサルティングチームを経て、
現在の「メディカルチーム」に至る。
歯科医院をはじめに、耳鼻咽喉科・泌尿器科業界の様々な医療経営から培ったコンサルティングノウハウにより、現在、完全現場型コンサルティングを展開している。
北は北海道から南は熊本県まで全国各地の医療機関コンサルティングを手がけている。
特に診療のシステム化による即時業績アップとスタッフの生産性を高めるための教育体制の構築には絶大なる支持を得ている。
「院長先生が治療に専念できるように」をモットーに日々スタッフを交えながら実践している。
理論だけではなく、「患者様の心を読むプロフェショナル」としても定評がある。院長先生の想いをもとに、組織力の活性化から業績向上までのトータルサポートをテーマとしている。

ブログ:戸澤良親の歯科医院コンサル珍道中日記
http://ameblo.jp/yoshichika-tozawa/

ページのトップへ戻る